脊柱管狭窄症の治療方法|薬や温熱によって症状を緩和する

睡眠中に息が止まる病気

睡眠

人間が生活をしていく中で、睡眠はとても重要です。質の良い睡眠をとると頭の中が整理されて、記憶力が良くなります。また、一日の疲れもしっかり取れるので活力のある生活ができるようになります。しかし、最近は仕事のストレスや精神的な不安で質の良い睡眠が取れない人が多くなっていて、知らず知らずのうちに体の中に疲れを蓄積させてしまい日常生活で良いパフォーマンスが出来なくなっています。中でも睡眠時無呼吸症候群という病気を発症する人が増加しています。睡眠時無呼吸症候群はテレビや雑誌等でもよく紹介されている病気で、ほとんどの場合命に関わる症状は出ませんがその分他の精神的な病気を併発する可能性が高くなります。睡眠時無呼吸症候群の主な症状は、いびきや睡眠している時の一時的な呼吸停止です。呼吸が止まる時間は人によって違いますが長い人だと一分から二分程度息をしていません。また、呼吸が止まった後不足した酸素を取り戻そうと大きな呼吸音とともにいびきをしながら呼吸を再開します。この動作を繰り返していると睡眠中に体の中に酸素が行き渡らず、起床した時にめまいや頭痛などの症状が起こる場合があります。睡眠時無呼吸症候群を発症しやすい人の特徴として、喫煙や飲酒が習慣化している、肥満の傾向にある、暴飲暴食を繰り返すなどがあります。一般的に中年で太った男性がかかる病気と思われていますが、実は痩せている人でも、さらには女性でも睡眠時無呼吸症候群を発症する可能性はあります。予防するためには規則正しい生活と適正体重の維持を心がけましょう。