脊柱管狭窄症の治療方法|薬や温熱によって症状を緩和する

新たながん治療

医者

がんは病気の中でも死亡する確率が高い病気で、男女問わず誰でも発症する恐れがあります。がんにかかると体の免疫力が低下していき増殖したがん細胞によって体の中が徐々に蝕まれていきます。増殖し、転移したがん細胞を消しながら治療を続けると患者にかかる負担が大きくなるだけでなく、治るまでに発生する治療費も高額になってしまいます。現在行われているがん治療は主に外科手術と抗がん剤による化学療法、放射線治療の3つです。これらのがん治療に加えて新たに注目されている治療方法が免疫療法です。免疫療法は、体の中の免疫細胞を増やして強化していきがん細胞を攻撃させる治療方法で、今までの放射線や抗がん剤治療のように正常な働きをしている細胞を傷つけることがないので、元々備わっている免疫力を低下させることはありません。また、自分の体の中にある免疫細胞を使うので拒絶反応や副作用が起こる確率も格段に減ります。免疫療法は実は40年ほど前から行なわれているのですが、当時はがん細胞を消すことが出来なかったため治療による回復の効果は小さいものでした。しかし年月を経て進化した免疫療法なら、治療の効果を高めながらがん細胞を特定して消すことができるようになり、末期のがん宣告を受けた患者にも数多くの治療実績を残しています。免疫療法の効果をより高めるためには、初期治療の段階で放射線や外科手術を行ない、ある程度がん細胞が減ったところで行なうと良いと言われています。そして治療のスケジュール調整を行えば、抗がん剤による副作用を軽減しながらがんを治すことができます。