脊柱管狭窄症の治療方法|薬や温熱によって症状を緩和する

地域の情報網を利用する

子供

伊丹で小児科を探すときは、ネットや地域の子育て支援センターを利用すると効率よく病院が見つかります。また、同じ母親友達からの情報や保育士からの口コミも利用すると良いでしょう。

詳しくはこちら

高齢者に多い病気

病院

世の中には実にたくさんの病気や疾患があります。特に高齢者になると若い人以上に病気を発症するリスクが高まり、より一層の予防と注意が必要です。高齢者は筋力や軟骨が変形しやすい傾向にあり、脊柱管狭窄症のような病気を発症しやすくなります。脊柱管狭窄症は脊椎の真ん中辺りにある脊柱管という部位が狭くなって神経を圧迫することで、しびれや痛みを起こす病気で、老化の他に椎間板ヘルニアなどを発症した時の合併症として起こる場合もあります。症状が軽い場合は自宅でのストレッチなどで解消されますが、なるべくなら病院を受診して適切な治療を受けましょう。病院で行なわれる脊柱管狭窄症の治療はいくつかありますが、一般的には鎮静剤を使った薬物療法を行ないます。症状の進行状態によっては血流を良くするために専用の薬が処方されます。薬物療法は痛みを緩和させる効果がありますが、原因を根本から解決させることはできません。次に行なわれる治療が理学療法です。患部を温熱などを使って温めることで痛みやしびれを軽減させたり、腰を引きながら腰椎を微調整していきます。この治療法は日々の体操やストレッチと平行して継続することが大切です。また、患部付近の神経に直接麻酔を打ちこんで症状の緩和を目指す治療方法もあり、継続的に行なっていくと治癒力を高める効果があります。そして、薬物療法や理学療法でも症状が改善されなかった場合は手術を行ないます。脊柱管狭窄症の進行度によって手術方法が変わりますが、基本的には術後2日もあれば歩行することが可能になります。

睡眠中に息が止まる病気

睡眠

睡眠時無呼吸症候群は喫煙や飲酒が習慣化した太り気味の男性に多い病気と言われていますが、本当は誰でも発症する恐れがあります。発症すると寝ている間に呼吸が一時的に停止してしまいます。

詳しくはこちら

新たながん治療

医者

免疫療法は外科手術や化学療法、放射線治療に並ぶ効果的ながん治療です。患者の体内にある免疫細胞を培養してがん細胞を攻撃させながら治療を進めていくので、副作用や拒絶反応がありません。

詳しくはこちら